腸活ごはん ~玄米と発酵食品|2 小腸のはたらき

腸活のきほん 小腸のはたらき 

 みなさんは、腸のはたらきを知っていますか?腸といっても、小腸と大腸ではまったく違う役割があります。

 

小腸は、胃で柔らかくされた食べ物を栄養吸収するところ。

 

大腸は、小腸で吸収されなかったものをうんち=便にするところ。

 

基本的には、この2つですね。

でも、これ以外に健康を保つために、大切なはたらきをしているのです。

 

正しく腸活するために、それぞれのはたらきを知っておきましょう。

栄養素は、小腸から血液にのってからだ全身に運ばれる

 では、まず小腸から見ていきましょう。

 

 小腸は、大人で直径3cmの丸い管で長さは6mほどあります。 心臓や胃と違って、おなかの中で動けるように固定されていません。

 

 栄養素を取り込むため、とても大きな表面積があります。 なんと、広げるとテニスコート1面くらいの大きさがあるといわれています。

 

中は柔らかいじゅうたんのような、突起(とっき)のある小さなひだの形をしています。

 

 小腸が動くことで、食べ物を運びながら、酵素を含んだ小腸液で細かく分解します。

 

 食べ物は、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素に分解されます。

 

 この栄養素を、小腸内側のひだがキャッチして、血管の血液に入っていくのです。

 

私たちが生きるための栄養素は、小腸から血液にのって、からだ全身に運ばれるのです。

 

小腸で食べ物の90%が消化、吸収されます。

小腸は、生きるために3つの大切な役割を果たす

 また小腸には、栄養素を取り込む以外にも、大切な役割が2つあります。

 

ひとつは、病気からからだを守る役割です。口や鼻から入った細菌やウイルスは小腸まで届きます。

 

これを、免疫細胞(めんえきさいぼう)が攻撃することで、私たちは病気にならずに済んでいます。

 

免疫とは、細菌やウイルスからからだを守ってくれるしくみを意味します。

 

実は、この免疫細胞の7割は小腸にあります。まさに病気予防の最前線です。

 

 腸内環境(ちょうないかんきょう)を良くすることで、免疫細胞の活動を活発にして、病気にかかりにくいからだをつくれるのです。

 

 しかし、この免疫細胞がからだに害のない細胞を、まちがえて攻撃してしまうことがあります。

 

これがアトピーや花粉症などのアレルギーです。

 

アレルギーは、腸内環境の状態によって症状も変わってくるのです。

 

 小腸のもうひとつの役割は、セロトニンという幸せホルモンをつくって出すことです。

 

こころまで左右するちからがあるのですね。 

 

腸がよろこぶごはんを食べて、幸せホルモンをたくさん出しましょう。

 

小腸の役割は3つありました。

1.栄養素を取りこむ

2.病原菌からからだを守る

3.幸せホルモンを出す

 

小腸は、生きるために毎日大切な役割を果たしてくれているのです。

 

次回は、大腸の役割を見ていきましょう。