特集大宮勝雄シェフの「さくさくしょうゆアーモンド」レシピ

蒸し鶏のチョップドサラダ、 『サクサクしょうゆアーモンド』のヨーグルトソース[第1回]

「レストラン大宮」の大宮勝雄シェフに、「サクサクしょうゆアーモンド」を使ったレシピを教えてもらいました。第1回はヨーグルトを使った、新鮮なおいしさのソースアレンジです。

大宮勝雄さん
国内外でフレンチの研鑚をを積んだのち1982年に地元の東京浅草で開業。メディアでその腕を披露する一方、2007年には東京・新丸の内ビルディングに2店舗目を出店し、近年は名古屋・大阪でもレストランをプロデュースするなど、長年にわたり日本の洋食の第一人者として活躍。

ソースにアレンジ自在の「サクサクしょうゆアーモンド」

「元々しょうゆはよく使っています。赤ワインとあわせてジャポネソースにしたり。フリーズドライしょうゆにもいち早く注目していたんですよ」。「サクサクしょうゆアーモンド」も、さっそくご愛用いただいています。

「フランス料理はソースを食べる文化ですが、私のこだわりは“ごはんをおいしく食べるためのソース”。この『サクサクしょうゆアーモンド』は、ソースとしての基本要素である塩味+オイルが絶妙なバランスでミックスされていますから、このまま使いたくなるくらい(笑)。フリーズドライしょうゆにしょうゆもろみが配合されているから、味に深みがありますしね。フレンチには異なる食感を重ねるというテクニックがありますが、その点でも『サクサクしょうゆアーモンド』にはローストアーモンドなどが加えてあるのでたいへん便利です」。

それでは、大宮シェフに「サクサクしょうゆアーモンド」を使ったレシピを教えていただきましょう。1品目は「蒸し鶏のチョップドサラダ、『サクサクしょうゆアーモンド』のヨーグルトソース」です。

材料は鶏のむね肉、お好みの量のきゅうり、パプリカ、ヤングコーン、れんこん、ヨーグルト、サクサクしょうゆアーモンド、塩、胡椒、バジルの葉(飾り用)。

つくり方

鶏むね肉は白ワインをふって蒸し、冷めたらさいの目に切ります。野菜もさいの目に切り、れんこんは酢を少量加えた湯でゆがき、冷ましておきます。

キッチンペーパーを敷いたストレーナーでヨーグルト大さじ4の水気を切り、塩、胡椒(いずれも適量)、サクサクしょうゆアーモンド大さじ3、オリーブオイル大さじ1.5を加えてよく混ぜ合わせます。

皿にむね肉と野菜を彩りよく盛り付けます。

2)のソースをかけてよく和えます。

次回は大宮シェフの「サクサクしょうゆアーモンド」レシピ第2回をお届けします。

文/吉川優子 写真/越田 昇